賃貸物件や一戸建ての利用法|不動産会社が教えるオイシイ活用法

福島建設の魅力

梁に木材と鉄骨を組み合わせるフクシマ建設

住宅の強度にこだわりを持つフクシマ建設は、新しい建築技術が登場する度にマイホーム建築時に技術導入をアドバイスしてくれます。 そんなフクシマ建設が最近力を入れているのがテクノストラクチャー工法であり、住宅の強度を決めるこ大切な要素である梁に、かなりの強度を持つ鉄骨を入れてくれるのです。 木材と鉄骨を組み合わせた梁という独特なデザインによって、フクシマ建設は地震だけではなく津波などにも強い住宅を作り上げてくれています。 梁の中身に鉄骨が入っていながらも外側に木材を使われている事で、住宅の基準的には木造住宅として分けられるのです。 木材の良さを感じさせようとするフクシマ建設ならではのアイデアであり、和風や洋風を問わずにテクノストラクチャー工法の住宅は評価されています。

メンテナンスコストを下げるフクシマ建設

住み心地が良いと思える住宅は補修工事などを行う回数を減らせて、リフォームをせずとも長年暮らしていける住宅だという事を、フクシマ建設が扱っている物件を見ているだけで理解出来ると言われています。 それはフクシマ建設は常に最新技術を駆使して住宅を建てている為で、外壁塗装一つとっても光触媒を活用した塗装方法などを選んでくれるのです。 光触媒の外壁塗装というのは単純に塗装が剥がれにくいだけではなく、塗り直しなどのコストも削減出来るところで評価されています。 そういった将来的に必要となるコストを削減してくれるところも、フクシマ建設の住宅がコストパフォーマンスが良いと言われる理由です。 あまりお金に無いという方ほど、フクシマ建設で住宅を建てて良かったと思われているのです。