賃貸物件や一戸建ての利用法|不動産会社が教えるオイシイ活用法

高額な手数料

不動産売買の場合、売買契約が成立すると買主は割と高額な仲介手数料が支払われます。見積もりには7桁近くの数字が書いてあり、そこには仲介手数料の文字があります。 最近ではこの仲介手数料無料という物件をよく見かけます。売買の場合、仲介手数料は不動産価格が400万円以上の場合、不動産物件の価格に3パーセントを上限とした金額を掛けて、6万足したものになります。仲介手数料無料という処置を取っているのはその仲介手数料が固すぎるからです。3000万円の物件を売買する場合96万円もの仲介手数料を取ることになります。これによって不動産会社は大儲けができるわけですね。このように高すぎる手数料を取らずに適性化しようという動きが仲介手数料無料の考え方なのです。

では、不動産業者はどのように仲介手数料を無料にしたのでしょうか。よほどの企業努力が必要ですが、その方法としてできるだけ広告費をかけないことがまず一つです。テレビCMだけでも年間数十億円から数百億円かかるわけですから、テレビCMを辞めただけでもかなり無駄が削減できます。また、人件費を削減するという方法も仲介手数料無料にするために必要なことなのです。 歴史的に見ても不動産業者が仲介手数料を取るようになってから無料の動きが広まってきたのは最近になってからです。 でも、不動産会社も適正化と言いながらそれだけが理由ではないはずです。仲介手数料を無料にすることで(実際は売主がその分支払っている)、買主を見つけやすくするという裏の理由もあることを忘れてはいけません。